着物買取業者をおすすめランキング形式で紹介!業者を選びやすいように7つの業者にまとめて徹底比較しました!

着物買取で高く評価されるアンティーク着物とは

公開日:2021/02/01  最終更新日:2021/01/08


着物買取の市場で人気が高まっているアンティーク着物とは、いったいどのようなものなのでしょうか。一般的な着物との違いや、アンティークならではのメリット、リサイクルなどとの違いについても理解をしておくと、魅力を理解できるようになるでしょう。見分けられるポイントを覚えておくと、手に入れるときに素早く見つけられるようになります。

アンティーク着物とはどんな物?

一般的には100年以上前の着物として考えられていますが、江戸時代から昭和15年頃、第二次世界大戦前までに作られた着物を指す言葉です。とくに大正時代から昭和にかけてのものが多く、江戸時代の着物は大変少ないといわれています。その理由として挙げられるのが、着物の劣化です。絹や麻などの素材を使って作られているため、どんなに正しい保存方法であっても時間がたつにつれて劣化し、着ることが難しくなってしまいます。

着物は耐久性が優れているわけではないため、江戸時代の物で着用できるものは現代にそれほど残っていません。しかし、大正時代から昭和初期にかけての着物であれば比較的大量に残っているため、着物買取を利用できるでしょう。具体的な特徴として挙げられるのは、着物の柄です。明治時代の場合、初期から中期までは文様や地色が地味な印象の物が多いですが、後期ごろから地色が明るめになり、裾模様の種類や色柄も増えていくようになりました。

大正期に入ると一気に洋装の流れが和服業界にも大きな影響を及ぼすようになり、バラやチューリップといった西洋の花をモチーフにしたデザインも好まれていきます。明治期後半に誕生した高等女学校の影響で、女学生スタイルである矢絣柄の物と袴、ブーツスタイルが定着したのもこのころです。

欧州で流行していたアールヌーヴォーの影響や化学染料が普及したことから、幾何学模様のアールデコをはじめとした鮮やかな色合いや脚線美が融合したモダンな物も登場しています。この流れは昭和15年頃まで続き、水玉模様などのポップな物が増えていきました。

リサイクルとアンティークの違いとは何?

一般的には第二次大戦前、昭和15年頃までの物をアンティーク、それ以降の物はリサイクルと判断されることが多いようです。大戦後、昭和中期ごろからの着物はリサイクル品として認識されることが少なくありません。理由として、現代の物と近い色柄使いが特徴といわれています。ただし、リサイクル品の場合は現代の物よりも多少小さいものが多いため、現代の物と見分けやすいでしょう。アンティーク物の場合、現代よりも華やかな色や柄の物が多く、見ているだけですぐにリサイクル品ではないとわかるものです。

また、現代よりも小柄な人が多かった時代の着物であるため、身に着けるときに着丈を確認して購入しなければいけない部分がポイントとされています。また、欧州文化が入ってきた影響で、洋風の幾何学模様や水玉など、伝統的な柄だけではない新しい柄が増えているのも特徴です。着物だけではなく帯も一緒に見てみると、幾何学模様などの独特のデザインを目の当たりにできるでしょう。

また、大正期には銘仙と呼ばれる、絹でも大量生産の安い生地を使って作られたものが人気でした。同じ柄で大量生産できるようなシステムが登場したことによって、低価格でよいものを手に入れやすくなったといわれています。長い間見ていると、欧州文化の影響を受けた色・柄の着物の場合は、リサイクルではないとわかるようになるでしょう。

アンティーク着物のメリットとは何?

現代では見ることができない、鮮やかな色や柄の着物を身に着けることができます。現代ファッションに通じるカラーリングとなっている着物も多く、和モダンと呼ばれる着物にカラータイツやブーツを合わせたり、現代的なストールを合わせるなど、伝統的な着物とは違った着こなしをすることが可能です。とくに小柄な人はサイズの合うものが多く、お直ししなくても手軽に身に着けられるものが多いといいます。

また、現代人のヘアスタイルに合うものも多く、ショートヘアの人でもヘアアレンジするだけで手軽に着物を身に着けられることが多いようです。ベレー帽などを使って上手にアレンジすることで、より魅力的なデザインを活かした着物スタイルとなるでしょう。自宅で着るような人がいない場合、着物買取業者に出すと高値で買い取ってもらえる可能性が高いようです。業者に見せると長期保存していて耐久性がどうなっているのか、裏地に色が移っていないかどうかなどを確認してから買い取られます。

発色が美しく柄が鮮やかな着物は、高値で買い取られる可能性が高いでしょう。また、着物だけではなく、帯や襦袢もセットで買取に出すと、さらに高値をつけられる可能性があるため、着物買取業者に出すときには確認しましょう。なお、出すときにはシミや汚れがあると多少価格を割り引かれますが、それでも通常のリサイクル品より高値で買取りされる可能性があります。

 

アンティーク着物は江戸期から昭和15年頃までの物で、とくに大正から昭和初期の物が高い人気を誇っていることがわかりました。現代の物よりも着丈が多少小さいため、身に着ける時には自分の身長に合うか確認してから買いましょう。買取業者に出すときには耐久性や汚れなどを確認してから購入することが、高値となる重要なポイントです。

おすすめ着物買取業者の比較ランキング

商品画像1
2
3
4
5
商品名バイセルTHE GOLDまんがく屋なんぼやおたからや
特徴買取実績豊富!出張買取・高額買取にも自信を持つ全店直営で均一化された丁寧な鑑定着物の買取実績月間平均1万枚!着物以外も買取可能元Jリーガーが創業したリユース会社着物の高額買取実績において業界トップクラスを誇る
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧

おすすめ着物買取業者の比較ランキング

商品画像1
2
3
4
5
商品名バイセルTHE GOLDまんがく屋なんぼやおたからや
特徴買取実績豊富!出張買取・高額買取にも自信を持つ全店直営で均一化された丁寧な鑑定着物の買取実績月間平均1万枚!着物以外も買取可能元Jリーガーが創業したリユース会社着物の高額買取実績において業界トップクラスを誇る
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく