【2022年最新】着物買取でおすすめの業者ランキング!口コミや評判の高い業者を比較してご紹介します!

有名なブランド・作家がつくった着物の買取相場とは?

公開日:2022/11/15  最終更新日:2022/10/03


着る機会のない着物は押し入れに眠らせたままにせず、着物買取を利用するのがおすすめです。着物買取を利用すれば不要になった着物を簡単に手放すことができます。しかしどれくらいの値段が付くのか分からないままでは、査定に出すのも不安ですよね。この記事では有名なブランドや作家の特徴と作品の買取相場を紹介します。

小宮康孝

小宮康孝は東京浅草生まれの染色作家であり江戸小紋作家です。

作品の特徴

小宮康孝の手がける江戸小紋の特徴は、時間が経っても色褪せない発色にあります。小宮康孝は江戸小紋の作家として研究を重ねながら、防染糊の中に色止め剤を混ぜて絹ならではの光沢感や透明感を活かす発色の技法を開発しました。また型紙に関しても、複数枚の和紙を貼り合わせることで型紙の強度を出し、当時の型紙の品質を改良しました。文様の細かさや発色の美しさにこだわり、洗練された江戸小紋を生み出すことに成功した小宮康孝は、53歳の時に江戸小紋で人間国宝に認定されました。

買取相場

小宮康孝の着物の買取相場は約6万円ほどです。柄や色合いによっても需要が変わり、渋い色味のものが人気が高くなっています。

山下めゆ

山下めゆは東京都八丈島生まれの染織家です。

作品の特徴

八丈島は島に自生する植物を染料とした絹織物である黄八丈の産地で、山下めゆも幼い頃から祖父に染色の技術を教わりました。大人になってからは黄八丈の職人として、八丈島の豊かな自然の持つ美しさを生かした作品を生み出すだけでなく、手作業にこだわった伝統的な技法を後世に伝えるべく活動しました。伝統文化の継承に貢献しようとしたことが認められ、1982年に吉川英治文化賞を受賞しました。

買取相場

山下めゆの作品の買取相場は約2万円から約10万円ほどです。黄八丈の生産地が限られていること、またひとつひとつの工程がすべて丁寧な手作業によって作られたものであることで、希少価値の高い着物となっています。

竺仙

竺仙は1842年に浅草で創業された着物ブランドです。

作品の特徴

竺仙の創業者である千之助はもともと俳句を趣味としていましたが、その趣味が高じて歌舞伎衣装などを作るようになり、その作品が竺仙の創業につながりました。創業当時、白や無地の浴衣が多い中で、竺仙は花や鳥などの身近なものをモチーフとした柄と多彩な色を使った浴衣を生み出し人気を集めました。現在の竺仙は日本橋に本店を置き、浴衣と江戸小紋を中心に制作を行っています。人気モデルが雑誌やメディアで着用するなど、若い世代にも人気の着物ブランドです。

買取相場

竺仙の作品の買取相場は約3,000円ほどです。一般的な浴衣は買取価格が低く数百円程度のものも多いですが、竺仙は歴史のある老舗店のため、価格が高くなっています。

龍村美術織物

瀧村美術織物は1894年に創業した織物ブランドです。

作品の特徴

創業者である初代瀧村平藏は正倉院宝物裂や法隆寺裂といった名物裂の研究と復元に尽力した人物であり、現代では復元の第一人者といわれています。古代織物の研究と復元を基盤としながら美術織物という新しい分野を生み出した瀧村美術織物は、織物の持つ美しさを世界に向けても発信し続け、海外の有名ブランドのドレス地を手掛けるなど、日本のみならず世界からも注目を集めています。一般的には着物より帯や小物のほうが知られています。

買取相場

瀧村美術織物の買取相場は約10万円から約20万円以上です。現在はオンラインショップなどでも作品が販売されていますが、初代が携わった帯については希少価値が大変高く、その買取価格は未知数とまでいわれています。

和田光正

和田光正は1940年京都生まれの金彩友禅の第一人者です。

作品の特徴

見習い期間を経て22歳で独立した和田光正は自身の工房を持ちました。京友禅に金銀の箔や粉を用いることで彩りや輝きを増し上品に仕上げる金彩加工ですが、和田光正の修業当時は金彩箔の種類も十色ほどしかなく、接着技術にも問題がありました。和田光正は長年にわたり研究を重ね、その種類を150種類にまで増やし、細やかな表現を可能にしました。その技術は海外でも高く評価され、金彩友禅の個展やショーも開かれています。

買取相場

和田光正の作品の買取相場は約1万円から約5万円ほどです。厚生労働省から現代の名工として表彰された和田光正の生み出す作品は着物ファンの間で人気が高く、高額な買取をしてもらえる可能性があります。

斎藤三才

斎藤三才は染色作家として活躍していた斎藤才三郎の長男に生まれました。

作品の特徴

父と同じく呉服問屋「珍粋」に奉公した斎藤三才は、修業を重ねたのち、父の創業した三才染工芸に入社しました。その後着物雑誌に作品が発表されると、その斬新な色彩で一気に注目を集めます。独創的な感性から生み出されるデザインは和装の世界で批判を浴びることもありましたが、女優やモデルからの注文が殺到するなど現代の市場に受け入れられ、独自のスタイルを確立しました。

買取相場

斎藤三才の作品の買取相場は最大で約3万円ほどです。海外での人気も高いので、状態がよいものであれば高額がつきやすくなっています。

まとめ

有名なブランドや作家の作品は希少価値や人気の高いものが多く、よい状態のものであれば一般的な着物に比べて高額の買取をしてもらえる可能性が高くあります。しかし家庭内で着物を美しいまま保管するのはとても難しく、長期間着ないままでいると湿気などにより傷んでしまう場合もあります。査定金額は保存状態によっても大きく変わるので、手放したい着物があれば、状態のよいうちに着物専門の買取業者に査定を依頼してみてはいかがでしょうか。

おすすめ着物買取業者の比較ランキング

商品画像1
2
3
4
5
商品名バイセルTHE GOLD(ザ・ゴールド)まんがく屋なんぼやおたからや
特徴買取実績豊富!出張買取・高額買取にも自信を持つ全店直営で均一化された丁寧な鑑定着物の買取実績月間平均1万枚!着物以外も買取可能元Jリーガーが創業したリユース会社着物の高額買取実績において業界トップクラスを誇る
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧

おすすめ着物買取業者の比較ランキング

商品画像1
2
3
4
5
商品名バイセルTHE GOLD(ザ・ゴールド)まんがく屋なんぼやおたからや
特徴買取実績豊富!出張買取・高額買取にも自信を持つ全店直営で均一化された丁寧な鑑定着物の買取実績月間平均1万枚!着物以外も買取可能元Jリーガーが創業したリユース会社着物の高額買取実績において業界トップクラスを誇る
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく