【2022年最新】着物買取でおすすめの業者ランキング!口コミや評判の高い業者を比較してご紹介します!

遺品整理時に出てきた着物はどうするべき?処分時の注意点もチェック!

公開日:2022/07/15  最終更新日:2022/07/04


遺品整理をしていたら価値のわからない着物が出てきて、どうすればいいかお困りではないでしょうか。着物は、素人から見ると全て同じように見えてしまい、処分方法に悩んでしまいがちです。本記事では、着物の賢い処分方法や、売却の際に気をつけるべきポイント、高値で売却できる着物の特徴などをご紹介します。

遺品整理時に出てきた着物はどうするべき?

では、遺品整理の時に着物が出てきた場合、どのような処分方法があるのでしょうか。

形見分け

形見分けとは、故人の遺品を親戚や親しい友人へ贈ることで、故人との思い出を共有する方法です。本来形見分けは、立場が上の人から下の人へ贈るものとされているため、目上の方へ譲ると失礼にあたることがあるので、注意しましょう。

リサイクルショップへ売却

とにかく早く大量の着物を処分したい、という場合には、リサイクルショップへ売却する方法があります。リサイクルショップでは、価値の低い着物でも引き取ってくれることが多いため、手軽に処分することができます。しかし、価値の高い着物が紛れ込んでいても、古着として扱われてしまうため、ほかの衣服同様に安値で売却することになります。

フリマサイトやネットオークションで売却

フリマサイトやネットオークションでは、着物のコレクターの方も利用しているため、遺族が価値のよくわからない着物も、想像以上の高値で売却できる可能性もあります。

一方、出品に手間がかかることや、出品してから売却されるまでに時間がかかること、高額で売却できても、購入者とのトラブルが起こる可能性など、デメリットもあります。数が少なく、着物の価値がご自分でしっかりわかっている方や、フリマサイトやネットオークションに慣れている場合は、おすすめの方法といえるでしょう。

着物買取専門店へ売却

着物に詳しくない方におすすめの売却方法として、着物鑑定士がいる着物買取専門店へ売却する方法があります。着物買取専門店の場合は、着物の価値を見極めたうえで査定してもらえるため、とても高価な着物をリサイクルショップへ安値で売却してしまうといった問題を防ぐことができます。また、出張買取や郵送で買取を行っている業者も多いため、フリマサイトやリサイクルショップのように手間もかかりません。

遺品整理時に出てきた着物を処分する際に気を付けるべきポイント

ここでは、着物の処分の際に気を付けるポイントをご紹介します。

相続財産について確認

相続財産は、基礎控除が3,000万円+(法定相続人×600万円)となり、多くの方が申告不要です。しかし、他にも相続財産が多く基礎控除を超える場合は、着物も「動産」として申告する必要があります。査定金額が50,000円以上の場合は、1点ずつ財産計上が必要になり、50,000円以下のものは一式として財産計上することになります。査定金額が決定したら、相続税専門の税理士へ確認すると安心です。

証紙や付属品を処分しない

桐箱や産地や作者が記載された証紙などがある場合、査定金額が高額になるため、処分しないように注意しましょう。また、帯や草履、バックや長襦袢などの付属小物も合わせて査定した方が有利に売却できることもあります。小物や証紙がよくわからない場合も、着物の付属品はすべて処分せずに、保管しておくと安心です。

高値で売却できる可能性が高い着物の特徴

着物とひとまとめにいっても、アンティーク着物から現代織物まで幅広いです。そのなかで、高値売却できる着物はどのような着物なのでしょうか。

保存状態がよい着物

まず、高値で売却できる大前提として保存状態がよいものが挙げられます。日本の高温多湿の気候上、しっかりと包んで桐ダンスに保管していても、古い着物はシミや劣化をしていることが多いです。虫干し・陰干しを定期的に行い、痛みのない保存状態のよい着物だと査定金額は高くなります。

絹・麻・綿の着物

高級な着物には絹・麻・綿といった天然素材が用いられていることが多く、人気が高いです。とくに絹100%で作られた正絹の着物は最高級品とされ、高値での売却が期待できます。

有名作家や産地の着物

バッグやアクセサリーと同様、着物の査定でも有名作家の作品は高値がつきます。品質やデザインの良し悪しはもちろんのこと、希少性も高いためです。羽田登喜男、木村雨山、久保田一竹、森口華弘など、着物界で大変有名な作家の着物は、保存状態や種類によっては数十万円以上の高額での売却が期待できます。

また、着物には産地があり、それぞれに染めやデザインに特徴があります。加賀友禅、京友禅、琉球紅型などは大変人気があるため、高値で売却できるでしょう。証紙がなく産地や作者が不明な場合は、着物買取専門店に依頼すれば、作家や産地も鑑定してもらうことができます。

 

遺品整理で出てきた着物の処分方法や、処分時の注意点、高値で売却する方法についてご紹介しました。着物の知識がないと、価値がわからずにそのまま処分してしまいそうになりますが、少し待ってください。もしかしたら、タンスに眠っている価値のわからない着物が、とんでもないお宝の可能性もあります。ご自分が着物を着る場合は形見として保管すればよいですが、着用する予定がなければ文字通り「タンスの肥やし」となってしまうでしょう。まずは、着物鑑定士のいる着物買取専門店に無料査定を依頼し、大切な遺品の価値を把握するところから始めてみてはいかがでしょうか。

おすすめ着物買取業者の比較ランキング

商品画像1
2
3
4
5
商品名バイセルTHE GOLD(ザ・ゴールド)まんがく屋なんぼやおたからや
特徴買取実績豊富!出張買取・高額買取にも自信を持つ全店直営で均一化された丁寧な鑑定着物の買取実績月間平均1万枚!着物以外も買取可能元Jリーガーが創業したリユース会社着物の高額買取実績において業界トップクラスを誇る
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧

おすすめ着物買取業者の比較ランキング

商品画像1
2
3
4
5
商品名バイセルTHE GOLD(ザ・ゴールド)まんがく屋なんぼやおたからや
特徴買取実績豊富!出張買取・高額買取にも自信を持つ全店直営で均一化された丁寧な鑑定着物の買取実績月間平均1万枚!着物以外も買取可能元Jリーガーが創業したリユース会社着物の高額買取実績において業界トップクラスを誇る
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく