【2022年最新】着物買取でおすすめの業者ランキング!口コミや評判の高い業者を比較してご紹介します!

遺品整理時に出てきた着物の処分方法について解説!

公開日:2022/06/15  最終更新日:2022/06/10

処分方法

遺品整理はとにかく時間がかかるものです。でも、着物の処分に関してはどのようにしたらよいのかわからない人も多いかと思います。今回は、そんな遺品整理の際、出てきた着物の処分方法や買取の際に注意するポイントなどを詳しく解説していきたいと思います。着物の処分方法について気になっている方は、ぜひ参考にしてください。

遺品整理時に出てきた着物の処分方法

遺品には様々な思い出が詰まっています。それは着物であっても同様です。そのため、遺品の着物をどのように取り扱ったらいいのか、その処分方法について詳しく説明していきます。

リメイクして再利用

長期保存していた着物は、カビや虫食い穴が空いていることがよくあります。そういった場合、綺麗な部分だけを切り取って、小物や雑貨などにアレンジやリメイクして、再利用してみてはいかがでしょうか。

人に譲る

これが最もポピュラーな処分方法かもしれませんが、知り合いや欲しい人に譲るという素敵な処分方法もあります。

廃棄処分する

着ることや再利用することも、難しい状態の着物や傷んでいて買取もできないような着物は、廃棄処分するということになります。地域ごとのルールに従い、ほかの衣類同様、家庭ごみ・一般ごみとして処分してください。また、着物もほかの衣類と同じく供養することができます。依頼したい方は近隣の神社やお寺で確認してみる必要があります。

着物を業者に買取してもらう

「自分や家族は着ないけれど、せっかくなら誰かに着てほしい…」このような方もいるのではないでしょうか。そんな方には着物の買取をしてもらうことをおすすめします。方法としては大きく分けて以下の4つです。

①着物買取業者に依頼する

汚れがないものや、高級な着物を所持している場合は、買取業者に依頼して査定してもらうことをおすすめします。出張買取と宅配買取があるので、ご自身に合った方法で査定してもらえます。

②リサイクルショップに出す

古着屋やリサイクルショップに出すという方法もあります。着用可能な着物を買い取ってもらえ、メンテナンス後、中古品として販売されます。

③ネットオークションで売る

着物はネットオークションでの売却も可能です。寸法や生地の記載、場合によっては、写真やオークションで売り出すための文章も、書かなくてはならないこともあるため、多少売るための手間がかかるといえます。しかし、値段は自身で設定することができるため、納得する形で売却することができるといえます。

④遺品整理業者に処分を依頼する

依頼をすれば処分や買取、供養の際のお焚き上げまでしてもらうことが可能です。業者の数が多いので、見積をとって料金やプランなどを比較検討した方が良いでしょう。

高額査定が狙える着物の特徴

着物の高額買取の有無は、帯で決まるといっても過言でありません。ここでは、帯の買取紹介と高く売れる帯の特徴について説明していきます。

帯について

買取できる帯は丸帯(最も格の高い帯)、袋帯(丸帯よりも疲れにくい帯)、名古屋帯(袋帯を簡略化した帯)、半幅帯(細幅でコンパクトな帯)の4つです。中古市場において最も人気が高いのは、袋帯です。

成人式や結婚式、パーティーなど幅広いシーンで使用できるところが、需要が高く、人気に繋がっているものと考えられます。対して、買取が難しい帯もあります。黒喪帯と呼ばれる帯でお通夜やお葬式などに使用されるもので、残念ながら中古品需要がほとんどありません。

高く売れる帯の特徴

以下の6点になります。

①証紙がついている

②作家のものである

③メーカー品である

④伝統工芸品である

⑤素材が正絹である

⑥保存状態がいい

遺品の着物を買取に出す際に注意するべきポイント

着物買取業者だけに限ったことではありませんが、悪質な業者というのは、どこにでもいるものです。ここでは、よくあるトラブルとそうした被害にあわないための対策について、お伝えしていきたいと思います。

よくあるトラブル事例

①押し買い

押し売りの逆の意味をもつ言葉で、売る気のない人に対して査定を行い、強引に買取をするという方法です。

②抱き合わせ買取

着物と同時に貴金属などの金品の買取を行うといったものです。この言葉自体に悪い意味はありませんが、着物買取に関しては「着物買取は口実で、本命は貴金属の買取にある」ということがよくあることから、悪い意味で使用されています。

③買い叩き

本来の価値に対して、大幅に安い値段で購入されてしまうことをいいます。

④持ち逃げ

最悪なケースとして査定にだしたまま戻ってこず、持ち逃げされてしまったという場合もあります。

トラブルを防ぐためには

こうしたトラブルに合わないためには、どうしたらいいのでしょうか。以下にポイントをまとめてみました。

①事前に買取相場を把握しておく

とくに「買い叩き」対策に有効です。事前に買い取ってもらいたい着物の相場をきちんと把握しておきましょう。

②一人で買取はしない

着物だけに限ったことではありませんが、訪問買取は単独で行わないようにしましょう。とくに、国民生活センターによれば、そうした悪質業者のターゲットは、女性や高齢者であることがほとんどなので、十分注意する必要があるでしょう。

③録音する

万が一、悪質業者とトラブルに当たってしまったときは、ボイスレコーダーで会話を録音しておくことが効果的です。※トラブルにあってしまったら、国民生活センターやクーリングオフ制度を活用しましょう。

 

今回は着物のさまざまな処分方法から、買取に関する注意点について詳しく解説してみました。いかがでしたか。着物の処分方法や買取方法もたくさんあって、驚いた方も多いのではないでしょうか。自分や家族にとって、最適な処分方法を見つけられるよう、家族で話し合ってみてはいかがでしょうか。また、買取を考えている人も、今回の記事を参考にしていただき、業者選びは十分注意するようにしてください。

おすすめ着物買取業者の比較ランキング

商品画像1
2
3
4
5
商品名バイセルTHE GOLD(ザ・ゴールド)まんがく屋なんぼやおたからや
特徴買取実績豊富!出張買取・高額買取にも自信を持つ全店直営で均一化された丁寧な鑑定着物の買取実績月間平均1万枚!着物以外も買取可能元Jリーガーが創業したリユース会社着物の高額買取実績において業界トップクラスを誇る
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧

おすすめ着物買取業者の比較ランキング

商品画像1
2
3
4
5
商品名バイセルTHE GOLD(ザ・ゴールド)まんがく屋なんぼやおたからや
特徴買取実績豊富!出張買取・高額買取にも自信を持つ全店直営で均一化された丁寧な鑑定着物の買取実績月間平均1万枚!着物以外も買取可能元Jリーガーが創業したリユース会社着物の高額買取実績において業界トップクラスを誇る
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく