【2022年最新】着物買取でおすすめの業者ランキング!口コミや評判の高い業者を比較してご紹介します!

適当に保管すると生地が傷む恐れも!着物整理の大まかな流れとは?

公開日:2022/08/15  最終更新日:2022/07/04


着物整理は、保管してある着物を、手元に置いておくものと手放すものとに分けることが基本の作業です。着物整理をしたいと思っているものの、なかなか手をつけられない、という方のために、基本的な流れと、着物の保管方法について説明します。大切な方から譲り受けた着物、自分自身が昔着ていた着物の整理に役立ててください。

着物整理の大まかな流れ

まず、保管場所から出した、たとう紙のなかの着物、帯、コートなどを確認します。次に行うのが、手元に置いておく着物と手放す着物とを分ける作業です。手元に置いておく着物は、虫干しをした後、たたんで保管します。手放す着物は、その方法を考えます。ひとつずつ確認しましょう。

着物を確認し手元に置いておくものと手放すものとに分ける

着物整理の中で、メインとなる作業です。まず、着物を振袖、留袖、訪問着など、種類別に分けてみましょう。それから、手元に置いておく着物を決めていきます。着物を見てからどうするか考えるより、今後どんな時に着物を着たいかを先に考え、それに該当する着物を手元に置いておくようにするのがコツです。とりあえず残しておこうかな、という程度のものは、再びしまいこんだままになってしまう可能性が高いので、本当に着たいと思うものだけを置いておくようにします。

手元に置いておきたい着物の状態を確認

手元に置いておきたい着物の状態をチェックしましょう。シミ、虫食い、ほつれがないかをチェックします。古いシミは、クリーニングでも落ちないことが多いので、着物を扱っているクリーニング店で確認してみましょう。生地の強度チェックも必要です。お尻のあたりの生地を引っ張ってみて、裂けそうな場合は着用をあきらめたほうがよいでしょう。ただし、その場合も、リメイクして楽しむことはできます。手元に残す方法のひとつとして考えてみてもよいかもしれません。

次に、サイズも確認しましょう。実際に羽織ってみて、腰ひもを結んで確認します。丈、幅、裄丈のチェックが必要です。お直しは、高額になることが多いため、事前に費用を確認しておきましょう。

手元に置いておく着物の手入れをする

手元に置いておく着物は、虫干しをしましょう。湿度の低い、晴れた日に、ハンガーに着物をかけ、室内で1〜2時間陰干しします。汚れがある場合は、クリーニングに出しましょう。着物を扱っているクリーニング店で丸洗いしてもらうのがおすすめです。

着物を収納する

虫干しをした着物をきちんとたたみます。手のひらで空気を抜くようにしながらたたむときれいにできます。とくに衿の部分はしわになりやすいので、丁寧にたたみましょう。たたんだ着物は、たとう紙に入れます。帯、長襦袢も1枚ずつたとう紙に入れます。たとう紙は、着物を収納するための包み紙です。カビやほこりから着物を守ってくれる役割があります。

1枚200円程度から購入できるので、この機会に、たとう紙も新しくしてはいかがでしょう。たとう紙に包んだ着物は、平らにして収納します。専用の収納家具がない場合は、押し入れやクローゼットの上部に、平らに収納します。湿気は上から下に降りるため、湿気予防にもなるからです。乾燥剤の使用もおすすめします。収納後も、年に2回くらい虫干しするのが理想です。虫干しができない場合は、扉や引き出しを開けて風を通すだけでも効果があります。

着物整理を自分で行えるか判断する基準

着物整理は、時間もかかりますし、たいへんな作業です。すべて自分で行えるか、プロに依頼した方がよいのかの見極めも重要になってきます。

自分で行えると考えられるケース

自分の着物を整理する場合は、着物のサイズなどもわかっているため、自分で整理しやすいケースです。譲り受けた着物を整理する場合は、ある程度着物の知識がある方、またはわからないことを調べられる方であれば、自分で整理を行えるでしょう。また、知り合いに着物の知識のある方がいれば、教えてもらいながら行うのもよいかもしれません。

プロに依頼した方がよいケース

譲り受けた着物を整理する場合や、持ち主が自分を含めて複数人の場合は、着物コンサルタントなど、プロに依頼したほうがスムーズに進められるでしょう。サイズ、好み、仕立てた時代などが違うと、整理がむずかしいからです。また、着物整理の後、手元に置いておく着物を複数人で分ける場合も、プロにお願いしたほうがよいケースです。基本的なアドバイスを受けながら、最終的には当事者同士で決めるという方法をとってもよいかもしれません。

不要になった着物の処分方法

最後に、不要となった着物の処分方法を考えなくてはなりません。いくつかの方法があるので検討してみましょう。

他の人に譲る

状態のよい着物は、知人や親類に譲ることを考えてみましょう。その際、着物に合った帯や小物も一緒に譲ると喜ばれるかもしれません。

着物専門の買取業者に買い取ってもらう

業者に買い取ってもらえば、着物が好きな人、着物が欲しい人に購入され、大切に着てもらえます。自宅に取りにきてもらえたり、宅配便で発送できたり、買取方法は業者によりいくつかありますので、確認してみましょう。

リメイクする

部分的に汚れやシミがあって人には譲れない場合も、リメイクをして楽しむことができます。思い出のある着物が、バッグや小物入れなどに生まれ変わります。

フリマなどに出品して自分で売る

着物が欲しい人の手に渡り、大切に着てもらえるという点ではよいかもしれません。しかし、慣れていないとトラブルが発生する場合もあるので注意が必要です。

寄付をする

NPO団体や市民団体などを通じて寄付をする方法もあります。着物を世界に広めることに貢献できます。また、発展途上国への支援物資として送られることもあります。

 

ずっとしまったままになっている着物を整理したいと思っていても、なかなか実行に移せないという方も多いのではないでしょうか。自分で行えない場合には、プロに依頼する方法もあるので、思い立った時に実行に移してみることをおすすめします。自分で着物を着る機会を増やすきっかけになったり、不要な着物を、必要な人の手元に届けることができたりするかもしれません。

おすすめ着物買取業者の比較ランキング

商品画像1
2
3
4
5
商品名バイセルTHE GOLD(ザ・ゴールド)まんがく屋なんぼやおたからや
特徴買取実績豊富!出張買取・高額買取にも自信を持つ全店直営で均一化された丁寧な鑑定着物の買取実績月間平均1万枚!着物以外も買取可能元Jリーガーが創業したリユース会社着物の高額買取実績において業界トップクラスを誇る
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧

おすすめ着物買取業者の比較ランキング

商品画像1
2
3
4
5
商品名バイセルTHE GOLD(ザ・ゴールド)まんがく屋なんぼやおたからや
特徴買取実績豊富!出張買取・高額買取にも自信を持つ全店直営で均一化された丁寧な鑑定着物の買取実績月間平均1万枚!着物以外も買取可能元Jリーガーが創業したリユース会社着物の高額買取実績において業界トップクラスを誇る
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく