着物買取業者をおすすめランキング形式で紹介!業者を選びやすいように7つの業者にまとめて徹底比較しました!

人気作家「福田喜重」の着物買取額の相場と特徴

公開日:2021/03/15  最終更新日:2021/02/09

重要無形文化財保持者の認定を誇る程の、高い刺繍技術を持つのが人気作家福田喜重の作品です。長い年月を経てその実力と美しさは、今も衰えを見せる気配がありません。人気作家の作品となる着物買取額の相場は、安価な取引になることは考えにくいです。むしろ高い人気を今もキープしていますから、査定に出しても高値になる可能性が高いです。

重要無形文化財保持者認定の手掛ける作品は高値での取引

着物の中古市場には多数の着物が流通をしていますが、人気作家福田喜三郎のものは、実はさほど多く出回っているわけではありません。そのため着物買取額の相場としても、希少価値が高いがゆえに高値での買取になるケースが多いです。平均的な数字で見たときに、訪問着で新古品であれば60,000円以上になります。

福田喜重はその息子にあたり人間国宝にも認定をされていますが、手掛ける作品の中でも訪問着なら、販売額は高くて200万円以上にもなるくらいです。大体80万円前後から上は200万円ほどと幅はあるものの、安価な数字での取引となることはありません。これほどの高値での取り扱いとなるのは、重要無形文化財保持者に指定されているためです。日本でも初めてとなる、高い刺繍の特殊な技法を作品に取り入れています

福田喜三郎の着物を手放すなら、専門の鑑定士のいる着物買取専門店に査定へ出すことです。一般人にとっても、不特定多数の中古品をざっくり鑑定をする総合リサイクルショップでも、本当の価値をすぐに理解することはまずできません。しかしプロの鑑定士がいる専門店であれば、作品自体はもちろんのこと、特徴となる刺繍に関しても高い評価を認められるはずです。目利きのきく査定士が在籍をしていることで、福田喜三郎の作品であるか福田喜重の作品かも、正しく見分けることになります。

父親に師事して着実に頭角を現した努力家

福田喜三郎は刺繍業界においての第一人者としても知られる人物であり、その息子として誕生をしたのが福田喜重です。繊細で極上の日本の美を近くで見て育った少年が、本人が熱望をして同じ刺繍家を目指すことになりました。実の父親である福田喜三郎に師事したのも、自ら願い行った行動です。厳しくもあたたかい指導と修行を長く積み重ねていき、着々と知識と実力を蓄えていきました

第23回日本伝統工芸展で受賞をしたのは1976年のこと、初入選を成し遂げたのは千翔の作品です。一発屋で終わることなくチャレンジ精神は旺盛であり、日本工芸会奨励賞を受賞したのは第25回日本伝統工芸展でのことでした。その際の作品は雪月花であり、福田喜重の手掛ける作品は次々と頭角を現すこととなったわけです。

文化庁への収蔵となったのは1980年であり、もはやこの業界でその存在を知らなくなった人はいません。古典への熱意も高く東京だけではなく、京都でも美しい作品を武器に個展を開催していました。1つの作品を作り上げるのには時間がかかるものですが、丁寧な作業をずさんにすることなく、実力を着実に一歩一歩積み上げていった努力者でもあります。昔ながらの技法を守りつつ、時代のニーズに応えられる刺繍の美しさを表現してきたのも、福田喜重の持つ特徴です。ため息の出るほど美しい刺繍の作品は、着物買取額としても安い値が付けられる可能性はあまりありません。

オリジナルの刺繍技法に見本取り揃えの数の多さも高値の要因に

刺繍業福田商店は父である福田喜三郎が経営をしていたものの、息子の福田喜重が経営全般を引継ぎしたのは1956年の話です。社名を変更したのは1970年であり、新たに福田工芸染繍研究所となりました。株式会社福田喜の設立に至ったのは1991年、京都府指定無形文化財保持者への認定を受けたのは1991年です。

刺繍部門に関しては初めて、福田喜重が京都府指定無形文化財保持者への認定を1992年に受けています。誇らしい重要無形文化財保持者ではありますが、紫綬褒章まで同じ年に受賞をしているのですから、その実力と人気たるや本物です。

福田喜重の持つ特有の刺繍の世界観は、時代の願いに応える柔軟性も持ち合わせています。それは特徴でもありますし、優美な刺繍は現代人の心までも掴み離すことはありません。だからこそ高値での着物買取の可能性は無限であり、手元に福田喜重の作品があり処分を考えるなら、専門の買取業者に査定へ出してみることです。

独自の刺繍技法を駆使するのも福田喜重の特徴であり、ハイテクの進んだ現代であっても簡単にまねができる技法ではありません。生地に無撚糸と撚糸のどちらもが溶け込むように使われているため、仕上げた状態に一切の違和感は見えず、熟練の技術者の持つ技が人を魅了する要素にもなっています。見本の取り揃えは実に40万以上と桁違いであり、刺繍技法の高さと並んで高値になるのも納得です。

 

福田喜三郎の落款を変わらず使うのは、父への尊敬の念が変わることはないためです。師匠への敬意を大事に抱きつつ、同時の刺繍技法で着物業界を魅了する福田喜重の着物買取額の相場は、他と比べても高めになります。色見本の驚くほどの多さや、高い技術を必要とする刺繍技法も作品の特徴です。

おすすめ着物買取業者の比較ランキング

商品画像1
2
3
4
5
商品名バイセルTHE GOLDまんがく屋なんぼやおたからや
特徴買取実績豊富!出張買取・高額買取にも自信を持つ全店直営で均一化された丁寧な鑑定着物の買取実績月間平均1万枚!着物以外も買取可能元Jリーガーが創業したリユース会社着物の高額買取実績において業界トップクラスを誇る
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧

おすすめ着物買取業者の比較ランキング

商品画像1
2
3
4
5
商品名バイセルTHE GOLDまんがく屋なんぼやおたからや
特徴買取実績豊富!出張買取・高額買取にも自信を持つ全店直営で均一化された丁寧な鑑定着物の買取実績月間平均1万枚!着物以外も買取可能元Jリーガーが創業したリユース会社着物の高額買取実績において業界トップクラスを誇る
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく