【2022年最新】着物買取でおすすめの業者ランキング!口コミや評判の高い業者を比較してご紹介します!

着物の買取価格は二束三文?注意すべきマイナス査定になる条件とは

公開日:2021/12/15  最終更新日:2022/01/28


買う時は高価な着物ですが、売ろうと査定に出したら、想像以上に安くてびっくりした経験はありませんか?形見の着物や思い入れのある着物を手放す際には、せっかくなら少しでも高く買い取ってもらいたいですよね。今回はマイナス査定にならないよう、チェックしておきたい条件をご紹介します。

着物の買取価格が安いと感じる3つの理由

着物の買取といえば「とにかく安い」「無料に近い金額で引き取ってもらうもの」というイメージがありませんか?多くの人が着物の買取価格が安いと感じてしまうのには、次のような理由があります。

購入時の値段とのギャップが大きい

1つ着物は購入時には高額なものが多いこと。ブランドバッグやアクセサリーであれば、古くても何万という金額で買い取ってもらえることもあります。しかし着物は有名な作家の商品であっても、状態によっては買取価格は購入時の何百分の一、それ以下になってしまうこともあるのです。このような購入時の値段と買取金額のギャップの大きさが「買取価格が安い」と感じてしまう原因の1つです。

高額査定に騙されたと感じる

高額査定を謳って広告を出している着物買取業者は多く見られますよね。こうした触れ込みで何万~何十万という買取価格になったという具体例を紹介して集客していますが、実際に査定してもらったら二束三文にしかならなかった場合、騙されたと感じてしまいます。高額買取になるのは条件の揃ったごく一部であり、もちろん安価での買取もあることを承知しておかなければなりません。

買取相場を知らない

近年、着物の需要が減ってきています。街中でも着物姿の人に出会うことは滅多にないのではないでしょうか。しかしそんな時代だからこそ「着物はもう着ないから手放したい」「タンスを整理をしたい」という人も多くいいます。買取業者も引き取っても売れない着物は買取りにお金をかけたくありません。汚れがあればクリーニング代が何万もかかり、利益がマイナスになることもあります。そんな事情があるわけですが、相場を知らない人は何でこんなに安いの?と感じてしまうことがあるでしょう。

着物買取でマイナス査定になってしまう条件一覧

決して高くは買取ってもらえない着物ですが、それでも高く売れる方法があれば知りたいと思いませんか?査定額が低くなってしまうのには、それなりの理由があります。ここでは、マイナス査定になる条件についてご紹介しますので、チェックしてみてください。

10年以上の年数が経過した古い着物

年数が経過した着物の多くは価値が下がってしまっています。ビンテージとして価値が上がる着物もありますが、ほんの一部にしか過ぎません。洋服にしても10年前の古着を好んで購入する人は多くないでしょう。需要が少なければ、買い取っても売れない、つまり価値がないとされてしまうのです。

着物の保存状態が悪い

着物はいくら大切に保管していても経年による劣化やシミ、カビ、色褪せが生じることがあります。裾先や袖先の汚れは気づきにくく、査定時まで気づかないケースが多いとされています。質の良い着物でもシミ一つで査定額は下がってしまいます。

サイズの小さい着物

日本人の平均身長の変化にともない、サイズの小さな着物の需要は減っています。祖母から受け継いだ着物、何十年も前に購入した着物などは丈が短い可能性があるでしょう。現代人の身長に合わない着物は売れず、当然買取価格も下がってしまいます。

着物の質が安価なものを使っている

高額買取が可能なのは需要の高い正絹です。ポリエステルのような化学繊維を使った着物はリーズナブルに購入できるものも多く、売る際にも安価になりがちです。

証紙・落款がない

証紙とは着物の品質や価値を示す証明書のことです。厳しい検査基準をクリアした、上質な着物の証明となります。また落款は作家が印としてつける判子や刺繍のことであり、落款によって作家や工房が特定可能です。有名な作家の作ったものであれば価値が上がりますが、逆に作家が不明となると着物の査定額は低くなってしまいます。

着物の種類や色柄

着物には種類があります。着物の中でも需要が高めな訪問着は高額で買取ってもらえる可能性が高いでしょう。しかし、どんなに質の良い絹の着物であっても、結婚式でしか着られない白無垢のようなものは古着としては需要がほとんどなく、値段が付かないことが多いと言われています。

紋付きの着物

家紋はそれぞれの家で異なるため、買取ってもレンタルでしか使用用途がありません。しかし紋付の着物に関しては通常の着物と同様に買取ってくれる業者もいれば、買取不可の業者もあり両極端だとされています。

安値での着物買取を避けるために抑えておきたいポイント

マイナス査定要素がない着物をより高く買取ってもらうには、注意すべきポイントがいくつかあります。

まずは売りに出すタイミングです。着物の需要が高まる時期は結婚式、卒業式、入学式、成人式の前と言われています。これらのイベントは春や秋といった時期が多く、2ヶ月前くらいが売るベストタイミングでしょう。

次に、着物を良い状態で保つために保管方法には十分気をつけることです。しわが入らないよう丁寧に畳むのはもちろん、湿気の少ない場所にしまいましょう。

最後に、売る際には不正な買取が行われないよう、十分注意することです。着物の需要が減り、着物の価値を正しく見極められる人も減っています。リサイクルショップや古着屋ではなく、専門の鑑定士がいる買取業者を選ぶことが大切です。本当は価値のあるものなのに、安価で売ってしまうというケースもあるので、納得できない場合は他の業者でも査定を受けましょう。

 

買取価格が安いと思われがちな着物ですが、良い条件が揃っていれば、高額買取も夢ではありません。査定は無料でおこなってくれる業者が多いので査定に出して損はありません。家で眠っている着物がある方や処分したいと思っている方は、一度査定に出してみるのも良いかもしれませんね。

おすすめ着物買取業者の比較ランキング

商品画像1
2
3
4
5
商品名バイセルTHE GOLD(ザ・ゴールド)まんがく屋なんぼやおたからや
特徴買取実績豊富!出張買取・高額買取にも自信を持つ全店直営で均一化された丁寧な鑑定着物の買取実績月間平均1万枚!着物以外も買取可能元Jリーガーが創業したリユース会社着物の高額買取実績において業界トップクラスを誇る
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧

おすすめ着物買取業者の比較ランキング

商品画像1
2
3
4
5
商品名バイセルTHE GOLD(ザ・ゴールド)まんがく屋なんぼやおたからや
特徴買取実績豊富!出張買取・高額買取にも自信を持つ全店直営で均一化された丁寧な鑑定着物の買取実績月間平均1万枚!着物以外も買取可能元Jリーガーが創業したリユース会社着物の高額買取実績において業界トップクラスを誇る
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく