【2022年最新】着物買取でおすすめの業者ランキング!口コミや評判の高い業者を比較してご紹介します!

着物買取でも人気がある訪問着。買取相場や高額査定のポイントを知っておこう!

公開日:2022/01/15  最終更新日:2022/01/28


「着物は高く買取ってもらえない」というイメージがあるかもしれませんが、着物の中でも訪問着は需要が高く、高額買取してもらえる能性があることをご存知ですか?今回は訪問着とはどんな着物なのか、また買取相場、高く売るためのポイントまで詳しくご紹介します。ご自宅で眠っている着物が訪問着であれば高額買取のチャンスかもしれません。

そもそも訪問着とはどのような着物?

「訪問着とは具体的にはどんな着物か」と聞かれたら、答えるのは少し難しいですよね。訪問着は女性がハレの日に着る着物です。結婚式、子どものお祝いから食事会まで、フォーマルな場でもカジュアルな場でも着られる人気の着物になります。

ここでは、気になる訪問着についてさらに詳しくご紹介します。

訪問着の特徴とは?

一般的な着物と比べると、落ち着いた、地味な印象を持たれやすい訪問着ですが、から胸にかけて流れるような美しい絵羽模様が入っているのが特徴です。シーンによって控えめな絵柄にしたり、華やかな絵柄のものにしたりと使い分けます。また帯や小物を変えるだけでも簡単に印象を変えることができます。

未婚・既婚・年齢に関係なく着られる

振袖は未婚の女性、留袖は既婚の女性が着る着物とされています。

一方、訪問着は未婚・既婚・年齢を問わず、どんな女性でも着られる着物です。たとえば結婚式に出席する際、未婚者ではあるけれど年齢的に振袖では少し派手に感じてしまうという場合に、また既婚者ではあるけれど留袖では格が高くなってしまう場合は訪問着にするといった着方もできます。

幅広いシーンで着られる

「訪問」着と呼ばれる着物ですが、お呼ばれ以外でも幅広いシーンで活用できるのが特徴です。結婚式、お茶席、食事会、入学式、卒業式、七五三、お見合い、観劇、同窓会と様々な機会で着る女性が増えています。

結婚式では明るく華やかな訪問着を、入学、卒業、七五三など子どもが主役の時には落ち着いた訪問着など使い分けるのが一般的です。購入を検討している場合は、季節を選ばず着られる絵柄を選ぶと良いでしょう。春の入学式から秋の七五三まで着回すことも可能です。

訪問着の買取相場はどのくらい?

「子どものお祝い事の際によく訪問着を着ていたけど、着なくなってしまった」「家に親の着ていた訪問着があるけど私は着ないかな」そんなbときは着物を買取ってもらうことを検討してみましょう。

これまで紹介してきたように、着物の中でも訪問着の需要は高く、査定額が高くなる場合があります。しかし高くなるといっても、買取相場は一体どれくらいなのでしょうか。

訪問着の特徴によって買取価格は異なる

最も高額買取が期待できるのが百貨店着物、お誂え(おあつらえ)や作家物といった着物で、状態が良ければ30,000~100,000円もの値段がつくことがあります。お誂えは自分好みの色や絵柄を施したもので、お誂えがある場合はブランドや仕立て方によっても値段は左右されると言われています。

次いで、一般的なノーブランドの着物であれば10,000円~30,000円が相場とされています。購入金額の10分の1にでもなれば高額と言えそうですね。

そして最も価値が低いのがポリエステルやウールといった安価な素材の訪問着です。こちらは自宅で洗えるものもあり人気はありますが、買取相場としては1,000~3,000円くらいになるでしょう。

価格は状態や流行にも左右される

ブランド物であっても状態が良いことが高額買取の条件になります。また着物の柄の流行は10年ほどで変動すると言われ、当時流行りの絵柄のものを購入していても、今人気があるとは限りません。そういった場合は査定額が下がることもあるでしょう。

このようなことから、流行が変わらないうちに売ることをおすすめします。ただし古典柄と呼ばれる絵柄については流行り廃りがなく、買取相場への影響は少ない傾向にあります。

訪問着をより高く売るために覚えておくべきポイント

訪問着の買取価格は「着物の状態」と「着物の価値」によって大きく変わります。より高額で買取ってもらいたいという方は以下のようなポイントに注意してみましょう。

ベストな保存状態で売る

買取価格を左右するのは何と言っても状態です。シミ、カビが付かないよう保管方法に気をつけることが大切となります。また売ることを決めたら即行動しましょう。着物は時間が経てば経つほど価値が下がってしまいます。色褪せや黄ばみが生じてこないうちに売るのが賢明でしょう。

帯とセットで売る

訪問着は帯や小物とセットで購入する人が多い傾向にあります。また着物に合った帯を求める人がいる一方で、シーンによって帯や小物を変えるだけで着物の雰囲気を変えられるため、帯や小物単品でも需要があります。売る際は着物だけでなく、小物も付けた方が査定額アップにつながります。

証紙や落款もつける

証紙や落款は着物の価値を証明するものです。失くしてしまうと価値も失くしてしまうことになりますので必ず一緒に保管し、売る時には必ず持参するようにしましょう。

丈が長いものは需要が高い

丈の短い着物は仕立て直すことができませんが、長いものは短く仕立て直すことが可能です。身丈が160センチ以上あるものは査定プラスになる可能性がありますので、この着物は大き過ぎるから…と思わずにぜひ一度査定してもらいましょう。

 

「着物の買取なんて二束三文にしかならない」と思っていた方も、今回の記事を読んで考えが変わったのではないでしょうか。訪問着は少しかしこまった機会に「着物を着てみたい」という方も挑戦しやすい着物です。そのため需要が高く、売りたい側としても売りやすい着物だと言えます。着物の鑑定士がいる業者を利用し、着物の価値をしっかり見極めてもらった上で買取ってもらうことが高額買取につながるでしょう。

おすすめ着物買取業者の比較ランキング

商品画像1
2
3
4
5
商品名バイセルTHE GOLD(ザ・ゴールド)まんがく屋なんぼやおたからや
特徴買取実績豊富!出張買取・高額買取にも自信を持つ全店直営で均一化された丁寧な鑑定着物の買取実績月間平均1万枚!着物以外も買取可能元Jリーガーが創業したリユース会社着物の高額買取実績において業界トップクラスを誇る
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧

おすすめ着物買取業者の比較ランキング

商品画像1
2
3
4
5
商品名バイセルTHE GOLD(ザ・ゴールド)まんがく屋なんぼやおたからや
特徴買取実績豊富!出張買取・高額買取にも自信を持つ全店直営で均一化された丁寧な鑑定着物の買取実績月間平均1万枚!着物以外も買取可能元Jリーガーが創業したリユース会社着物の高額買取実績において業界トップクラスを誇る
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく