着物買取業者をおすすめランキング形式で紹介!業者を選びやすいように7つの業者にまとめて徹底比較しました!

人気作家「由水十久」の着物買取額の相場と特徴

公開日:2021/03/15  最終更新日:2021/02/09

由水十久(ゆすいとく)といえば加賀友禅の有名作家です。加賀友禅を代表する作家ですが、写実的な自然をモチーフとする加賀友禅の中でも、人物画をよく描かれていたことで知られています。とくに、日本の歴史や文化を唐子で表現している模様が特徴でしょう。今回は、加賀友禅を代表する由水十久の着物買取相場や特徴について紹介します。

加賀友禅を代表する着物「由水十久」の特徴は?

加賀友禅は、金沢の加賀に移り住んだ宮崎友禅斎が起こしたのがはじまりです。もともと京都の友禅染をしていた友禅斎が作り上げ、発祥が加賀なので「加賀友禅」と呼ばれています。特徴は「加賀五彩」と呼ばれる5色の色を使い、色合いを落ち着かせ華やかな自然が描かれていることです。その他の特徴として、本物のように見える装飾を施す「ぼかし」や「虫食い」といった染めの技法を用いていることにもあります。

自然をモデルにした加賀友禅ですが、その中にあって、まったく違った作風であったのが由水十久でした。人物画をとくに好んで描いてあり、日本の歴史や文化を唐子で表現した模様がとくに特徴的です。中国の唐時代によく用いられていた図柄である唐子は、中国風の独特の髪型をした子どもを指し、中国から日本に伝来してからは縁起物として用いられています。

見た目の特徴は、釣り目で鉤鼻、おちょぼ口となんとも可愛らしい童子が描かれました。陶器では、三川内焼でよく用いられる図柄として知られていいます。人物画を好んで描いた由水十久は唐子を通じて生きる喜びや、楽しさなどを描きだし、その繊細な筆つかいは見る人を魅了しました。

作品の中で、子宝に恵まれ子孫繁栄を願う気持ちを表現しているとされており、多くの作品に唐子をあしらうことで縁起のよいものを多く世に残しています。そのため、唐子は由水十久を代表する図案です。

加賀友禅を代表する着物「由水十久」の買取相場は?

最近の市場でも由水十久の着物はとても人気があり、とくに初代の作品であれば希少価値が高いため着物買取査定額の相場も高いです。未使用で状態がすごくよいものであれば訪問着で10万円から20万円ほどの値が付き、色留め袖なら20万円以上の値が付くこともあります。初代の作品は世に出回っていないこともあり、とくに希少価値が高く貴重な作品であるため、もっと高額な査定が付く場合もあるでしょう。また、柄が優美で大きな物の方が人気があり、買取価格が高くなる場合もあります。

ただ、当然のことながら長期間保管しているとホコリやカビなどでにおいがしてしまったり、しわができてしまうなど保管状態が悪くなってしまうこともあり、状態によっては着物買取査定額にも大きな影響を与えてしまいます。高価買取を期待するためには保存状態をしっかりしておくことが必要です。シミなどは厳重に注意しておくことが必要で、目に付く場所についてしまえば大きく査定額を下げてしまうことになりかねません。

加賀友禅を代表する作家で、唐子という童子をモデルにした人物描くことで、特徴的な作風を確立した由水十久の作品は、徹底的にこだわり抜いたものが多く、細かい部分まで繊細に作られている着物になります。そのため、他にはない圧倒的な魅力があり、見る人を魅了する着物なので高額な査定が出されることも多いことでしょう。

「由水十久」を高額で買い取ってもらいためのポイントは?

ポイントとしてまず重要となるのは落款が押されていることです。加賀友禅の作家として加賀友禅手描技術登録者の落款が押印されています。落款は作者を明確に指し示す物となりますので、由水十久の作品であることが落款を見ればすぐにわかります。また、由水十久は二代目よりも初代の方が買取価格が高い場合が多く、落款も初代と二代目では違います。初代は四角で二代目は六角形です。同じ名前でも落款の違いで値段が変わってくることもあるので覚えておくとよいでしょう。

次に重要となるのは何といっても保存状態です。いくら有名作家の作品であってもシワが多かったりカビやホコリが多くついていれば、買取価格はグーンと下がってしまうでしょう。保存を上手にする工夫として、たとう紙を換えましょう。通気性がよいため着物を湿気から守ってくれますが、交換時期が2年から3年なので、時期をみて変えることが必要です。

その他にも、着物用のハンガーを使って日が当たらないように干したり、キズや汚れがないか定期的にチェックしておくとよいでしょう。ハンガーにかける際には裏返すことで日焼け対策になります。着物はデリケートなので、高温多湿をさけ保管することが大切です。

最後のポイントは着物の買取専門業者に依頼してもらいます。専門知識を持った業者に査定してもらうことで、見極めの難しい高い着物でも適正価格を判断してもらうことができます。安易にリサイクルショップなどで、買取をお願いしてしまうと、着物の価値が判断されず損をしてしまうこともあります。買取査定は必ず専門の買取業者に出すようにしましょう。

 

加賀友禅を代表する「由水十久」の着物について紹介しました。加賀友禅の中にあって人物を描くという特徴的な着物で細部に至るところまで繊細に描かれた着物です。加賀友禅を代表するだけあって、着物買取相場は高額であり、キレイに保管がされていれば15万円以上の値が付くことも珍しくありません。

おすすめ着物買取業者の比較ランキング

商品画像1
2
3
4
5
商品名バイセルTHE GOLD(ザ・ゴールド)まんがく屋なんぼやおたからや
特徴買取実績豊富!出張買取・高額買取にも自信を持つ全店直営で均一化された丁寧な鑑定着物の買取実績月間平均1万枚!着物以外も買取可能元Jリーガーが創業したリユース会社着物の高額買取実績において業界トップクラスを誇る
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧

おすすめ着物買取業者の比較ランキング

商品画像1
2
3
4
5
商品名バイセルTHE GOLD(ザ・ゴールド)まんがく屋なんぼやおたからや
特徴買取実績豊富!出張買取・高額買取にも自信を持つ全店直営で均一化された丁寧な鑑定着物の買取実績月間平均1万枚!着物以外も買取可能元Jリーガーが創業したリユース会社着物の高額買取実績において業界トップクラスを誇る
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく